ビーナスラインへ

MENU

行きたいリストを見る

イベント

春のくまフェス

カテゴリ
観光イベント
概要
敷地面積3,000平方メートル、11,000体のテディベアを展示している『蓼科(たてしな)テディベア美術館』を運営している株式会社パートナーエンターテインメント(所在地:長野県北佐久郡、代表取締役:木附 克至)は、2019年4月13日(土)~5月31日(金)まで「蓼科テディベア美術館」で春のイベント『春のくまフェスin蓼科テディベア美術館』を開催いたします。
開催期間
2019年04月13日 ~ 2019年05月31日
エリア
白樺湖・女神湖エリア

[蓼科テディベア美術館 URL] http://www.1027.jp/
[春のくまフェスURL] https://1027.jp/event/

【蓼科テディベア美術館について】

蓼科テディベア美術館とは、信州・白樺湖畔にある世界最大規模のテディベア美術館です。館内は約11,000体のテディベアが15の国と18のテーマで展示、絵本のように広がる各国の幸せな風景が癒しのひとときを与えます。
2019年4月現在では、ギネス認定の世界最小0.8mmのテディベアも展示中です。又0.5mmの象牙製ベアと2.5mmのぬいぐるみベアも現在ギネスに申請中(予定)です。さらに、2016年11月には館内2階ホールをリニューアル、キリンやゾウなど等身大のリアルな動物たちに触って写真も撮影できるコーナー「蓼科の森動物園~テディベアとその仲間たち~」を新設、さらに2018年2月にはガラスショーケースを100台ほど追加して展示の幅を広げ、ついに2階ホールのリニューアルが完成いたしました。又、2,000種類以上のテディベアグッズが買えるショップも併設しており、お買い物もお楽しみいただけます。

【春のイベント詳細】

1.「利倉 佳子先生主催のテディベア教室『Lintukoto テディベアスクール』の作品展」

 期間:4月13日(土)~5月31日(金)

 日本テディベア協会発行のテキスト「テディベア作り A to Z 入門から応用まで」も監修している利倉先生とその生徒さん、プロで活躍中の方を含め約70名のテディベア作家さんに参加いただきます!

 自然をイメージし、丁寧に作られたテディベアが並びます。

 
2.「古代生物展」

 期間:4月13日(土)~毎日開催

 古代生物の展示が館内1階休憩室内に登場。教科書では学べないぬいぐるみの立体感から生物の進化の過程が学べるかも。キモかわいい生き物のぬいぐるみが皆さんをお待ちしております。

 【展示協力】ティーエスティーアドバンス株式会社、株式会社栄商

3.テディベアプラザ「スプリングフェア」開催

 期間:4月13日(土)~5月31日(金)

 隣接しているテディベアグッズショップ「テディベアプラザ」にて『イースターフェア』と『母の日フェア』を開催します。イースターフェアではイースターのメイン動物「うさぎ」のぬいぐるみが新たに登場。さらに毎年好評の「母の日フェア」ではカーネーションとベアのセット商品を期間・個数限定で販売いたします。お母さんに日頃の感謝を伝えるチャンスです(※母の日フェアは5月12日(日)まで)。さらに今年は美術館オリジナルベアが新たに誕生します。シンプルでかわいい、オリジナルロゴ入りのテディベアです。お楽しみに。

一覧へ戻る